ウィンクスが不動のトップ “キングジョージ”ウィンクスが不動のトップ “キングジョージ”Vのポエッツワードが2位タイに ロンジンワールドベストレースホースランキング

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)は、世界の主要レースを対象にした「ロンジンワールドベストレースホースランキング」を発表した。対象期間は今年1月1日から8月5日までで、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSなどが含まれる。120ポンド以上の36頭が掲載された。

 ランキングトップは変わらずウィンクスの130ポンド。新たな出走がなかったガンランナーと、ポエッツワードが129ポンドで2位タイ。前回125ポンドで3位タイだったポエッツワードは“キングジョージ”を勝ちランクアップした。その“キングジョージ”で首差の2着だったクリスタルオーシャンが128ポンドで4位に入り、5位には芝1000メートルのキングジョージSを快勝したバターシュが125ポンドで、クラックスマンと並んだ。

 ジャスティファイとウエストコースト(ともに124ポンド)が7位タイで、ベンバトル、ハッピークラッパー、サンダースノー、トラピーズアーティスト(以上123ポンド)が9位タイと、レーティングは変わらず、順位が2つずつ下がっている。

 日本調教馬は前回と同じ2頭が掲載された。スワーヴリチャード(121ポンド)が17位タイ、ミッキーロケット(120ポンド)が25位タイになっている。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索