奈良大付、春夏通じて聖地初勝利 木村1失点完投

奈良大付、春夏通じて聖地初勝利 木村1失点完投

◆第100回全国高校野球選手権記念大会第6日▽1回戦 奈良大付4―1羽黒(10日・甲子園)

 初出場の奈良大付が羽黒(山形)を破り、春夏通じて甲子園初勝利を挙げた。木村光投手(3年)が1失点で完投した。

 奈良大付は初回に敵失で先制。5回に宮川寛志右翼手の2ランで加点し、8回に上野拓真一塁手(ともに3年)の中犠飛で1点を加えた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索