山根氏、日大客員教授を解任…「大学として不適切」

山根氏、日大客員教授を解任…「大学として不適切」

 日本ボクシング連盟の不正疑惑などで会長を辞任した山根明氏(78)が、7日付で日大客員教授を解任されたことが10日、分かった。日大広報部が明らかにした。4月にスポーツ科学部の客員教授に就任した山根氏は、助成金の流用や過去の暴力団組長との交友関係などが問題視され、8日に日本連盟の会長辞任を表明。日大は「大学として不適切と判断した」と説明し、同氏は講義などで教壇に立ったことはなく、給与も支払われていないという。

 告発した「日本ボクシングを再興する会」が除名に向けた手続きを進めていることも判明した。山根氏は8日に辞任表明した職務は「日本連盟会長」「理事」と明言していたが、日本連盟の会員として“居座る”意向だった。辞任の範囲を曖昧にする姿に対し、「再興―」関係者は「彼はどんなことがあっても(日本連盟に)残せない」と断言した。

 会員として残れば、将来の“返り咲き”の可能性もある。往生際の悪さに、同関係者は「それは予想していたこと。着々と進めている」と除名に向けた早期の臨時総会開催へ、準備していることを明かした。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索