【G大阪】ツネ様、就任4戦目で1勝!采配もズバリ、祝福に照れた

【G大阪】ツネ様、就任4戦目で1勝!采配もズバリ、祝福に照れた

◆明治安田生命J1リーグ第21節 G大阪―F東京(10日・パナスタ)

 金曜日開催の1試合が行われ、G大阪は後半アディショナルタイムの劇的な決勝ゴールで2―1とF東京を下し、宮本恒靖監督(41)就任後の初勝利を飾った。5月2日の仙台戦以来9試合ぶりの勝利で、暫定ながら自動降格圏から抜け出してJ2との入れ替え戦圏となる16位に浮上した。

 クールな宮本監督が、思わず我を忘れるほど興奮した。後半41分に追いつかれ、4分間のアディショナルタイムも過ぎた同50分。FWアデミウソンが左足を振り抜き、劇的な決勝ゴール。指揮官も思わずピッチ内に“乱入”するほどの喜びをみせ、直後試合終了の笛で勝利の味をかみしめた。

 「同点に追いつかれても、選手は立ち向かう姿勢をみせてくれた。みんなが欲しかった勝利です」。1日・磐田戦は試合終了間際に同点とされ、5日・名古屋戦は前半2点リードしながら、後半3失点で逆転負け。悪い流れを断ち切った選手たちを、指揮官はたたえた。

 この試合からチーム得点王(9点)の韓国代表FW黄が、アジア大会出場のため離脱。G大阪U―23から引き上げたJ1初出場のFW一美を先発に抜てきした。高校時代にDFからFWに転向。U―23監督時に自ら鍛え上げた20歳は、直伝のポストプレーとハードワークで勝利に貢献した。

 さらにここまでセンターバックとして全試合出場してきた元日本代表DF三浦を、右サイドバックで起用するなど、“宮本カラー”満載で飾った初勝利。それでも「1試合しか勝っていないので、続けていかないと」。J1残留という目標に向け、ほっとしている余裕はないと表情を引き締めていた。(金川 誉)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索