瀬戸、男子200バタ連覇!「子供たちのヒーローに」…6月誕生長女にささぐ

瀬戸、男子200バタ連覇!「子供たちのヒーローに」…6月誕生長女にささぐ

◆パンパシフィック選手権第2日(10日・東京辰巳国際水泳場)

 瀬戸大也(24)=ANA=が、男子200メートルバタフライを1分54秒34で連覇し、6月に生まれた長女に金メダルをささげた。9日の200メートル自由形で銀メダルを獲得した池江璃花子(18)=ルネサンス=は女子100メートル自由形で53秒14で5位。連夜のメダルはならなかったが、女子800メートルリレーでは第2泳者として4位ながらも7分48秒96の日本記録樹立に貢献した。11日には得意の100メートルバタフライが控えており、主要国際大会で初の優勝を狙う。

 水面をひとつ叩いて、右手人さし指を天に向けた。瀬戸が歓喜の、そして貫禄のNO1ポーズだ。中盤は一時2位に後退しながらも、逆転で200バタV2。「地元開催で金メダルが取れてほっとしている。昨日の疲れもあったけど、200メートルのバタフライは何が何でも金メダルを取りたかった」。1分54秒34というタイムにこそ満足していないが、勝負強さを見せつけた。

 決勝のメンバー8人を確認し、前回王者のプライドに火がついた。「このメンバーなら負けられない」。午前中の予選は、9日の400メートル個人メドレーの疲労が濃く残っており、通常1時間半と決めている昼寝の時間を、2時間超と長めにとり回復に努めた。会場入りもやや早めてじっくり体を温めるなど、的確に自己管理した。

 思い入れのある舞台だ。16年前、横浜で開催されたパンパシを当時8歳の大也少年は観戦。100メートル平泳ぎで金メダルを獲得した憧れの北島康介さんから、サインをもらい記念撮影した。「北島さんみたいになりたい」との思いが、今も競泳生活を支えている。

 大会前に「子供たちのヒーローになる」とテーマを掲げた。6月26日には優佳夫人(23)が長女の優羽(ゆわ)ちゃんを出産し、大会初日もスタンドを訪れた。モチベーションを上げる材料には事欠かない。主要国際大会の金は、15年世界選手権(ロシア・カザニ)の400メートル個人メドレー以来。スタンドから大歓声を受け「子供たちのヒーローに少しは届いたかな?」と、照れ笑いの大也パパだった。(太田 倫)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索