オカダ・カズチカ、棚橋と痛恨ドロー…優勝決定戦進出逃し「すいません」

オカダ・カズチカ、棚橋と痛恨ドロー…優勝決定戦進出逃し「すいません」

◆新日本プロレス「G1クライマックス28」大会 ▽G1クライマックス28・Aブロック公式戦30分1本勝負 △棚橋弘至=勝ち点15(30分00秒 時間切れ引き分け)オカダ・カズチカ△=勝ち点13(10日、東京・日本武道館)

 前IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(30)が棚橋弘至(41)とのブロック最終戦で痛恨の時間切れ引き分け。わずか勝ち点2差で4年ぶり3度目の優勝決定戦進出を逃した。

 2人は今年5月の「レスリングどんたく」大会でIWGPヘビー級王座をかけて対戦。辛勝したオカダが同王座の連続防衛新記録となるV12を達成。過去の対戦成績でも5勝4敗2分けとリードしていたが、この日は序盤から棚橋の気迫に圧倒された。

 首に強烈なエルボーを打ち込まれると、目の前で得意のエアギターポーズを決められた。さらにドラゴンスクリュー連発にテキサスクローバーホールドと攻め立てられた絶対王者。

 最後は棚橋が試合を決めに来たハイフライフローを下からのドロップキックで迎撃。一気にローリング式のレインメーカーで白星を狙いに行ったが、スモールパッケージホールドで対抗され、最後の渾身のレインメーカーも張り手で封じられた上、横たわった背中にハイフライフローを食らったところで30分経過。時間切れ引き分けとなった。

 開幕2連敗が最後まで響き、無念の勝ち点2差でのブロック敗退となったオカダは、バックステージに引き上げてからも取材陣の前で座り込み、約3分間、うつむいて無言のまま。

 アリーナ席から棚橋の「ちょっくら優勝してきます!」というマイクアピールの声が響いてくると、「すいません」と一言だけ絞り出して、会場を後にした。(中村 健吾)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索