初代タイガーマスク、一時、パーキンソン病の疑いと診断も原因不明の体調不良を告白…「死ぬか治るかのどちらかです」

初代タイガーマスク、一時、パーキンソン病の疑いと診断も原因不明の体調不良を告白…「死ぬか治るかのどちらかです」

 初代タイガーマスクの佐山サトル(60)が11日、神奈川県警厚木署の一日署長に就任した。

 9月20日のリアルジャパン後楽園ホール大会で今夏に一時、パーキンソン病の疑いと診断されていたことを明かしたが「体調はちょっと悪いですね。3人のお医者さんにパーキンソンって言われたんですけど、パーキンソンかなと思ったんですけど、ちゃんと調べたら数値が出てこない。最後は心臓のお医者さんだったんですけど、心電図をとって心臓じゃなくて筋肉が震えているので、それがパーキンソンの症状ですよって言われたんですけど、測ったらなかったんです。原因が分からない。自律神経かも分からないですね」と明かした。

 体調回復へ向け心臓に負荷をかけるトレーニングを開始したとし「足の運動から今、やっています。足踏みというのを通販で買ったりとか、それから自転車もやっています。走るのは腰が痛くてできないんですね。腰が麻痺していると言いますか、膝の状態も悪いんです。足の運動が始まったので、足踏みを通販で買ったんですけど続ければ歩けるんじゃないかなと思っているんですけど、それができたらまず、坂道ダッシュからやろうと思っています。平坦な道だとカクンと来ちゃうんで。心臓に負荷を与えたら違う結果が出るんじゃないかなと期待しています」と話した。

 今後、再検査のため病院には「また行きます」とし体調不良の原因が「薬の弊害じゃないかとも言われているんで、3日前からひとつ外したんですけど、昨日、眠れなくて、ワナワナが来るんですね。走ることができるようになると反対に良くなるんじゃないかなと自分では思っているんですけど、死んだらごめんなさいという感じですね。腰と膝が治れば走れるようになってそしたら死ぬか治るかどちらかですね」とジョーク交じりに話し腰の状態を「歩くとカクンと来る感じ。腰はカイロプラクティクの先生。左がカクンとなる方で右はゴルフだと思います。ゴルフはリハビリです。カートのところならできるんですけど、歩くのはできません。17日に藤原敏男と勝負します」とリハビリの一環として友人で伝説のキックボクサー、藤原敏男氏(70)とのゴルフ対決に挑むことを明かした。

 今回の原因不明の体調不良に師匠で参議院議員のアントニオ猪木氏(75)からも連絡があったという。猪木氏は9月の北朝鮮訪問で車イス姿で空港に現れたが「猪木さんから連絡があって大丈夫かみたいなことを言われたんですけど、反対に心配されました」とし、猪木氏の体調を「腰の手術だって聞いたんで安心しました。本人手術好きなんで安心しました。勇気あるからすぐ手術するんですね」と笑っていた。また今月8日に70歳で亡くなった元横綱・輪島の輪島大士さんについて「偉大な人ですね。強かったですね、横綱として。プロレスは全日本プロレスと新日本プロレスで接点がなかったんですけど残念です、まだ若いのに。非常に残念です」と偲んでいた。

 リアルジャパンは12月6日に後楽園ホールで大会を予定しているが「負荷かける練習をして、死ぬか試合やるかどっちかです」とリング登場を予告した初代虎。この日の厚木署の一日警察署長は「安全・安心まちづくり旬間」に伴う防犯キャンペーンで小田急線本厚木駅前でのイベントで市民に笑顔であいさつし「市民と一体となった素晴らしい町ですね。いい警察署ですね。最高の一日署長です」と笑顔を浮かべていた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索