卓球日本リーグ後期大会が7日に開幕 豪華プレゼントじゃんけん大会も

卓球日本リーグ後期大会が7日に開幕 豪華プレゼントじゃんけん大会も

 卓球の日本リーグ後期大会は7日、山形・酒田市国体記念体育館で開幕する。 1977年に設立された実業団の日本リーグは年に2度開催され、1部が男女8チームずつの総当たりで争われる。後期大会は既に各チームがホームマッチ1試合ずつを終え、8日からの3日間で5試合を戦い、順位が決定。最終日の11日には最終戦とファンサービスのほか、オーブンレンジや炊飯器などが当たる「豪華プレゼントじゃんけん大会」も開催される。

 後期の1部リーグは男子が前期優勝のリコー、シチズン時計、東京アート、協和発酵キリン、愛知工大、日鉄住金物流、琉球アスティーダと1部初参戦のクローバー歯科。女子は前期優勝の十六銀行、日立化成、中国電力、デンソー、サンリツ、広島日野自動車、エクセディ、愛媛銀行で構成される。2部リーグ戦も同時に開催される。

 また、入場料は9日までが無料。10、11日は前売りが1000円(中高生は500円)、当日券が1600円(同800円)で小学生以下は無料となっている。インターネットでも全試合がライブ配信される。 卓球界は10月24日に新リーグの「Tリーグ」も開幕し、盛り上がりを見せている。日本リーグ勢も松平賢二、平野友樹(協和発酵キリン)、有延大夢(リコー)、村松雄斗、高木和卓(東京アート)らが併用登録(レンタル)で参戦。両リーグを掛け持ちで奮闘する選手の活躍も見どころの一つとなりそうだ。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索