【日本ハム】宮西、海外FA権行使せず残留を表明 「このチームで肘が動かなくなるまで」

【日本ハム】宮西、海外FA権行使せず残留を表明 「このチームで肘が動かなくなるまで」

 日本ハムの宮西尚生投手(33)が9日、保有する海外FA権を行使せず残留することを表明した。年俸は出来高込み2年総額5億円(推定)。札幌市内の球団事務所で会見し「FA権を行使せず残留することを決めました」と宣言した。2023年には北海道ボールパーク(仮)が開業するが「『新球場でも投げ続けてもらいたい。そこまで頑張って欲しい』と言われた。このチームで肘が動かなくなるまで恩返しし続けないといけないと感じました」と笑顔を見せた。

 今季は55試合に登板。37ホールド(H)、41ホールドポイント(HP)を挙げ、ともに巨人・山口の持っていたプロ野球通算記録を更新した。5日には来季に向け、左肘骨棘(こつきょく)滑膜切除術を受けた。「来月くらいには普通に戻ってるんじゃないですか(笑い)」と笑い飛ばした北の鉄腕が、来季も札幌Dのマウンドに君臨する。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索