【侍ジャパン】岡本、宣誓「最高のパフォーマンス」を約束

【侍ジャパン】岡本、宣誓「最高のパフォーマンス」を約束

◆日米野球 日本―全米(9日・東京ドーム)

 侍ジャパンの巨人・岡本和真内野手(22)が9日、「2018日米野球」の初戦(東京D)の試合前に選手宣誓を行った。

 MLB選抜のR・ホスキンス外野手(フィリーズ=25)と本塁付近のマイク前に整列。「私たち選手一同は、野球におけるすべての面で、フェアプレーを行うことを誓います。チームメートや対戦相手、審判員と互いに尊重し合うことを誓います。ルールを守り、子どもたちをはじめ、応援してくれるファンの皆様に最高のパフォーマンスを見せるため、全力でプレーすることを誓います」と声を響かせた。

 MLB側の提案を受け、日本野球機構(NPB)、全日本野球協会(BFJ)と3者で初の「スポーツマンシップ/Fair Playキャンペーン」を実施。NPBの斉藤惇コミッショナーは会見で「東京五輪もある。野球は社会、世界で生きていく中での透明性、正当性、誠実性を楽しみながら会得できる」とアピール。来季の日本開幕戦のアスレチックス―マリナーズ(3月20、21日=東京D)でも継続して訴える。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索