【磐田】名波監督、信条覆し4日連続非公開練習…理論家指揮官の本気

【磐田】名波監督、信条覆し4日連続非公開練習…理論家指揮官の本気

 J1ジュビロ磐田は8日、J1参入プレーオフ決定戦でJ2東京Vと対戦する(ヤマハ、午後2時)。J1最終節で川崎に敗戦後、クラブはすぐに東京V戦まで4日連続での完全非公開練習を発表した。メディア取材もNGだ。名波浩監督(46)が就任した2014年9月以降、ファンにもメディアにも公開が原則だった。担当の山田豊記者が指揮官の真意を探る。

 異例中の異例だ。名波監督は14年9月に就任以降、原則練習をファンに公開。メディアもほぼ全練習を目にしてきた。「(J2だった)就任当初は地獄。バラバラで仲間意識もチーム愛もない、異常な空間。非公開練習が多く、何をしてもいいような空気だった。まず練習を公開した。視線を感じ協調性、チーム愛、仲間意識を植え付けさせた」という理由からだ。

 サッカー解説者時代、南アW杯を取材した。「準優勝したオランダ代表は、セットプレーを含め、練習を全て見せていた。我々も、非公開で格好つける必要はない」。マスコミ従事経験から「メディア発信する環境に身を置いていることを自覚させた」と聞いたことがある。

 昨年末、同じ敷地内で練習するラグビーのトップリーグ・ヤマハ発動機の清宮克幸監督(51)と対談した時のこと。FB五郎丸歩(32)が活躍した15年英ラグビーW杯後、1000人以上のファンが訪れた。「ファンが見ているのは五郎丸だけど、他の選手が一生懸命やるようになった。ファンの目は大事」と話したことに名波監督はうなずいていた。

 だが今回、信条を覆した。磐田は3バックと4バック併用する。戦況によって使い分け、多くの選手が複数ポジションでプレーできる。キャンプから誰が出てもいいように、実戦形式の練習や紅白戦でも常にチーム内競争を徹底させている。東京Vは磐田攻撃陣を最大限に研究してくるだろう。短期決戦だけに、J2相手とはいえ、気は抜けない。

 指揮官は天才肌のイメージが強いが、対戦相手のボールタッチ数を事細かに数え、各試合の審判の判定基準までチェックする理論家。選手の性格を熟知し、士気を上げるのも上手だ。“名波のカーテン”は、この一戦にかける最終奥義。8日は集中力と気合の入った磐田イレブンが見られるはずだ。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索