高梨沙羅、圧倒V「自分を保てたのが勝てた要因」W杯札幌へ弾み

 札幌五輪記念スキージャンプ大会が6日、札幌宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル)で行われ、女子は高梨沙羅(22)=クラレ=が合計235点で優勝した。2本のK点越えをそろえて他の選手を圧倒。12、13日のW杯札幌大会(大倉山ジャンプ競技場)へ弾みをつけた。男子は14年ソチ五輪団体銅メダルの清水礼留飛(れるひ、25)=雪印メグミルク=が合計223点で制した。

 高梨が攻めの姿勢で19年初優勝を飾った。1回目に最長不倒の92・5メートルで首位に立つと、2回目も92メートル。1人だけK点越えを2本そろえて完勝。前日5日の雪印メグミルク杯は悪天候のため、1本で打ち切られ2位に終わったが、「アウトドア競技は条件も変わる。きょうは自分を保てたのが勝てた要因」と胸を張った。

 今季はW杯個人4戦で未勝利。世界的にも女子ジャンプのレベルは上がっており、「自分も変わらないとトップに立てない。攻めの姿勢を貫かないと」。今季から苦手の助走姿勢を見直し、飛び出しからの速度向上を図ってきた。

 欧州伝統のジャンプ週間で活躍する男子の小林陵侑(土屋ホーム)の姿を見て「力をもらえている」と言う。12日からは札幌、18日からは山形・蔵王でのW杯が控えている。「自分も見ている人たちに何かを感じてもらえるようなパフォーマンスができるように頑張っていきたい」と力を込めた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索