日本は開幕2連敗…アイスホッケー女子U18世界選手権

日本は開幕2連敗…アイスホッケー女子U18世界選手権

◆アイスホッケー 女子U18世界選手権第2日 日本2―4チェコ(7日、北海道・帯広の森アイスアリーナ)

 2季ぶりに昇格した日本は前回6位のチェコに2―4で敗れ、開幕2連敗となった。総シュート数は31本対26本で上回りながらの敗戦に、飯塚祐司監督(44)は「サイズの大きいチェコのパワーホッケーを崩し切れなかった」と悔しさをにじませた。

 第1ピリオド(P)に1点を失ったが、第2Pは序盤から出足の速さで上回り相手ゴールに殺到。10分58秒、相手反則で数的優位のパワープレーでFW鈴木花歩(かほ、16)=ダイシン、釧路明輝高=が、ゴール正面から豪快にミドルを決め同点。「練習で繰り返してきたケース。スペースが開いたので、思い切り狙いました」と会心ゴールを振り返った。

 その後2失点も、第3P16分38秒にはFW佐々木愛実(あみ、16)=ボルテックス札幌、北海学園札幌高=が、ゴール前混戦からこぼれ球を押し込み、2戦連続得点するなど奮闘した。

 参加8か国が4チームずつ分かれたグループ戦で、日本が所属するB組からは上位2チームが決勝トーナメントに進出。FW志賀紅音(あかね、17)主将=帯広レディース、帯広三条高=は「9日のスイス戦は、60分間足を動かし、走り続けるホッケーで勝利し、決勝トーナメント進出につなげたい」と前を向いた。(小林 聖孝)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索