日本代表候補フッカー堀江翔太、実戦復帰はW杯直前か…右足甲の疲労骨折影響

日本代表候補フッカー堀江翔太、実戦復帰はW杯直前か…右足甲の疲労骨折影響

 9月に開幕するラグビーW杯の日本代表候補フッカーの堀江翔太(32)=パナソニック=が10日、都内で取材に応じ、右足甲の疲労骨折の影響で実戦復帰がW杯直前まで遅れる可能性を示唆した。

 昨年9月に右足舟状(しゅうじょう)骨を疲労骨折。11月末に手術し、復帰のメドは立っていないが「(7月開幕の)パシフィックネーションズカップまでに間に合えば」。前回大会も2月に首の手術を受け、実戦復帰は開幕2か月前の7月だった。自身3度目で現役最後の可能性もあるW杯へ「出遅れるけど焦らずやる」と前向きに語った。

 2月開幕のスーパーラグビー・サンウルブズには4季連続で名を連ねた。船に例えてきた今季の期待度は「客船」。泥の舟→木の舟→トロール漁船から昇格させ「今はまだ国内一周程度かな。お客さんをいっぱい乗せて世界一周できるぐらいになったらいいね」。チームには別メニューで帯同し、15日からリハビリを再開する。(小河原 俊哉)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索