【フェアリーS】最後方追走のレディードリーは最速の上がりで7着 柴田善「いい方向に向いている」

【フェアリーS】最後方追走のレディードリーは最速の上がりで7着 柴田善「いい方向に向いている」

 ◆第35回フェアリーS・G3(1月12日・芝1600メートル、中山競馬場、良)

 2勝馬がわずか2頭の組み合わせとなった牝馬重賞は、3番人気のフィリアプーラ(牝3歳、美浦・菊沢厩舎、丸山元気騎手騎乗)が大外からゴール前で差し切り勝ち。半兄に2011年の朝日杯FSを勝ったアルフレード(父シンボリクリスエス)がいるハービンジャー産駒の牝馬が、クラシック戦線に名乗りを上げた。勝ち時計は1分36秒0。

 際どい2着には4番人気のホウオウカトリーヌ(大野拓弥騎手)。3着は5番人気のグレイスアン(戸崎圭太騎手)が続いた。

 木幡巧也騎手(サンタンデール=6着)「1200メートルを使っていたのでスタートが速いのを生かそうと思った。頑張ってくれたし、力をつけている」

 柴田善臣騎手(レディードリー=7着)「返し馬も競馬も落ち着いていた。ゴール前は伸びているし、力はある。体重がプラスだったし、いい方に向いているかな」

 田辺裕信騎手(チビラーサン=8着)「ゲートで後ろにもたれて出なかった。道中は力まずに行けたけど、流れも遅かった」

 横山武史騎手(スカイシアター=9着)「スペースができたところを抜けてこられたし、いい競馬ができた」

 北村宏司騎手(アゴベイ=10着)「ロスは最小限で行けたけど、前が空いても思ったほど伸び切れなかった」

 武藤雅騎手(プリミエラムール=11着)「ペースが落ち着いたけど、外で併走する形でひと息入らなかった。でも、スタートはうまくセンスがある」

 中谷雄太騎手(セントセシリア=12着)「内でロスなく行きたかったが、そんなに負けていない。内容はまずまず」

 フランク・ブロンデル騎手(レーヴドカナロア=13着)「4コーナーまでは理想的だったが、ゴーサインを出しても反応がなかった。これから変わるのでは」

 菱田裕二騎手(ウィンターリリー=14着)「理想はハナか番手で、自分のペースで競馬をしたかった。スローで展開が向かなかった」

 丸田恭介騎手(メイプルガーデン=15着)「初めての芝で追走に苦しんだが、芝の走りは悪くなかった」


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索