松山英樹、35位で予選突破「長いのが3つ入ってくれてよかった」

◆米男子プロゴルフツアー ソニー・オープン第2日(11日、米ハワイ州ワイアラエCC)

 米ツアー5勝の松山英樹(26)=LEXUS=が5バーディー、2ボギーで、今大会自己最高27位だった2年前と同じ67をマーク。通算4アンダーの35位で予選突破した。4位から出た日本ツアー賞金王の今平周吾(26)=フリー=は67で7位、稲森佑貴(24)=フリー=は46位、星野陸也(22)=フリー=は65位でいずれも予選通過。アマチュアの金谷拓実(20)=東北福祉大2年=は109位で予選落ち。63のクーチャーが首位。

 19年初戦で苦手コースでの予選通過に安どした。10番スタートの松山は15番で5メートル半、1番で7メートル、7番で11メートルを沈めて伸ばすなど67で、首位と10打差の35位へ浮上した。「残り2日できるのはすごくよかった。いいパットも悪いパットもあったけど、長い(パター)のが3つ入ってくれてよかった」と振り返った。

 ただ、得意のアイアンショットには納得はしていない。この日5バーディーも、3つはロングパットで奪ったもので「一日の中でうまく修正ができなかった。アイアンショットがうまくいかないとやはり厳しい戦いになる」と気を引き締めた。

 過去5度出場で、3度予選落ちと常夏の島の苦手コース。だが、前回出た17年は自己最高の27位となった。「ビッグスコアを出さないと優勝には遠いと思う。あした(12日)出せるように頑張りたい」と猛追を誓った。世界屈指の精度を誇るアイアンショットさえ取り戻せば、2季ぶりの米ツアー通算6勝目も見えてくる。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索