【UFC】進退かけた石原“夜叉坊”、1回一本負けに「桜吹雪の如く舞い散った!」ファンからは現役続投を望む声 

【UFC】進退かけた石原“夜叉坊”、1回一本負けに「桜吹雪の如く舞い散った!」ファンからは現役続投を望む声 

◆UFC 234 ○カン・ギョンホ(1回3分59秒 リアネイキドチョーク)石原“夜叉坊”暉仁●(10日、豪・ロッド・レーバー・アリーナ)

 石原“夜叉坊”暉仁(27)=チーム・アルファメール・ジャパン=が、韓国のカン・ギョンホ(31)のリアネイキドチョークで1回一本負けを喫した。

 格闘人生のすべてをかけて戦うと話していた石原は、パンチの打ち合いから左を当てて、カンに膝をつかせるが、背後を取られるとリアネイキドチョークをきめられ、レフェリーが止めに入った。

 試合後、自身のツイッターで「桜吹雪の如く舞い散った! ほんまに楽しかった! 応援ありがとうございました」とコメント。ファンからは「また試合が見たい」、「引退はしないで」、「日本の格闘技を盛り上げて欲しい」など、現役続行を望む声が寄せられている。

 また、この日セコンドについた田中路教(28)=チーム・アルファメール・ジャパン=も「夜叉坊一本負け!今回で夜叉坊のセコンドに付くのは最後になると思う。本当にいろんな経験をさせてもらってありがとう!これから先は本人のやる気次第。たくさんの応援ありがとうございました!!」とツイートするなど、石原の今後の進退が注目される。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索