【金沢】新戦力〈6〉GK新井栄聡、同世代活躍発奮に「スタメン奪取」

【金沢】新戦力〈6〉GK新井栄聡、同世代活躍発奮に「スタメン奪取」

 金沢のGK新井栄聡(23)=前清水=は、新加入ながら臆することなく、最後尾から大声で指示を出し続ける。J1清水から期限付きで加入した背番号21は、新天地について「(練習メニューが)きついと聞いていたが、その通りのイメージ」と冗談で笑わせつつも、「みんな仲良くやっている」と既に溶け込んでいる様子だ。

 流通経大4年時の全日本大学選手権で3年ぶり2度目の優勝に貢献し、最優秀GKにも選出された。しかし、プロ1年目だった昨季は自身を含め5人のGKがいる層の厚さなどにはね返されて出場はなし。「判断やキャッチの差、ポジショニングが全然違った」と振り返る。ただ「ベテランを見て学ぶところもあった」と収穫もあった。

 日本代表まで上り詰めた同世代の活躍が発奮材料だ。清水時代のチームメートのFW北川航也(22)、大学の同期の川崎MF守田英正(23)は、ともに日の丸をつけてピッチに立った。新井は「身近な存在が代表に入っているのは刺激になる。すごすぎて今はよく分からないが、自分もいつか代表に入りたいと思っている」と力を込める。

 その第一歩として金沢で試合に出ることが重要だ。正守護神の最右翼は昨季33試合出場した白井裕人(30)で、大学の先輩でもある。新井は「信頼が厚いのは知っている。でも試合に出ないと、ここに来た意味がない。まずはスタメン奪取」と意気込む。ヨガが趣味で「筋肉も伸ばすし体幹も使うので、地面に反発する力がついたと思う」と他分野からも学ぶ勉強熱心な23歳が、金沢で飛躍を狙う。(三須 慶太)

 ◆新井 栄聡(あらい・よしあき) 1995年9月27日、埼玉・坂戸市生まれ。23歳。小3からサッカーを始め、中1からGKに転向。埼玉・西武台高を経て流通経大に進学。18年にJ1清水入り。187センチ、84キロ。利き足は右。家族は両親と姉。特技は球技全般で、特にバレーとバスケが得意。「違う球技の方がサッカーより才能あるかも(笑い)」。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索