“ヨネタナ”競り勝って北都銀4強 田中志穂「まだ6割の出来栄え」

“ヨネタナ”競り勝って北都銀4強 田中志穂「まだ6割の出来栄え」

◆バドミントン S/Jリーグ(10日・秋田県立武道館)

 女子Jブロックの北都銀行が日立化成に2―1で勝ち、3勝1敗の同2位でトップ4トーナメント(16、17日、さいたま)進出を決めた。北都銀行は第1ダブルスの米元小春(28)、田中志穂(26)組が本田恵利奈(24)、清水望(22)組に競り勝ち、チームに流れを呼び込んだ。同ブロックの七十七銀行は再春館製薬所に0―3で完敗。男子Jブロックの東北マークスも日本ユニシスに0―3で敗れ、16日の順位決定戦(埼玉・草加)に回ることが決まった。

 2450人が集まったホームマッチで、ファンの思いが米元に乗り移った。20―18と追い上げられて迎えた第2ゲーム。相手のサービスが少し浮くと迷わず強打。コートにシャトルを落とすと、ようやく安堵(あんど)の笑みが浮かんだ。「反省点はたくさんある。でも年に1度のホームマッチで、たくさんの声援で最後は(接戦を)抜け出せた」とファンに感謝した。

 国際大会では不調が続いていた。1月はマレーシアで初戦敗退、インドネシアは2回戦で敗れるなど、持ち前の長いラリーに持ち込む勝負強さを出せなかった。それでも佐々木翔監督(36)は「彼女たちはA代表。何とか次につなげてほしかった」とエース決戦となる第1ダブルスに起用。昨年の全日本社会人4強の相手にリードされる場面もあったが、米元の緩急つけたショットに加え、田中が相手をよく見て左右に振るなどして接戦をものにした。

 “ヨネタナ”ペアの1勝を勢いにチームは2―1で勝利。トップ4トーナメント進出を決めた。田中は「きょうの試合はまだ6割の出来栄え。挑戦者の気持ちで向かっていきたい」と決意。ホームでの1勝を自信に変え、悲願のリーグ初制覇に挑む。(遠藤 洋之)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索