【Tリーグ】平野美宇3戦ぶり白星 日本生命ファイナル進出

【Tリーグ】平野美宇3戦ぶり白星 日本生命ファイナル進出

◆卓球Tリーグ ▽女子 日本生命3―1名古屋(10日・名古屋武田テバオーシャンアリーナ)

 名古屋武田テバオーシャンアリーナなどで3試合が行われ、女子の日本生命レッドエルフが、3月17日に木下アビエル神奈川と初代女王の座を争うファイナル(両国国技館)進出を決めた。エース・平野美宇(18)が3戦ぶりの白星を挙げるなど、TOP名古屋を3―1で下した。日本ペイントマレッツは9連勝中だった首位の神奈川に3―2で勝利し、連敗を11でストップ。男子は岡山リベッツが3―2でT.T彩たまを下して2位に浮上した。

 日本生命がファイナル進出を決めた。マッチカウント2―0の第3試合。平野が開幕戦以来の対戦となった世界ランク11位の徐孝元を下し、チームの今季12勝目(5敗)が確定。「ずっとモヤモヤしていたけど、相手に向かっていく、勝つ気持ちを忘れないようにやろうと思ったらうまくできた」。全日本選手権は5回戦で敗れ、Tリーグでも後期は不振が続いたエースが復調の兆しを見せた。

 村上恭和総監督のチーム作りも実った。12年ロンドンから女子団体を五輪2大会連続メダルに導くなど、団体戦の戦い方を熟知する指揮官は、「ダブルスを勝つことが大事」と、第1試合の重要性に着目。途中補強した蒋慧と左の常晨晨との中国ペアで10勝3敗をマークするなどダブルスで流れを作り、平野と11戦無敗の早田ひなの二枚看板が決める必勝パターンを確立した。

 実業団の日本リーグで最多17度の優勝を誇る名門が、今季から新リーグに戦いの舞台を移した。指導陣やスタッフ、練習環境の充実に加え、平野は「マッサージの順番を決めるジャンケンで盛り上がったり、みんなでアドバイスし合ったり、すごく楽しい」と、雰囲気の良さを強調。伝統の誇りと団結を武器に3月17日、神奈川との頂上決戦に挑む。(林 直史)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索