【Tリーグ】名古屋・徐孝元がユーチューバーの妹の来日を力に7戦ぶり勝利「すごく心強い」

【Tリーグ】名古屋・徐孝元がユーチューバーの妹の来日を力に7戦ぶり勝利「すごく心強い」

◆卓球 Tリーグ 名古屋1―3日本ペイント(11日、名古屋武田テバオーシャンアリーナ)

 TOP名古屋の徐孝元(31)=韓国=が自身の連敗を6で止めた。第2試合で日本ペイントマレッツのエース・加藤美優(19)と対戦。3―1で接戦を制し、昨年11月19日以来の3勝目を挙げた。

 加藤との試合は45分間にも及ぶ熱戦となった。世界ランク11位のカットマンは第1ゲームを落とすと、膝の調子が万全ではなかったことから「カットが切れなかった。それで攻撃をしっかりやろうという気持ちで」と戦術を転換。第2ゲームを13―11で制し、五分に戻した。

 鍵となったのは第3ゲームだった。3―8と出足でつまずいたが、4連続得点などで猛追。ジュースにもつれ込むと、相手にゲームポイントを4度も握られる苦しい展開となったが「ここで勝たないと(試合に)勝てない。自信を持ってやりました」と気持ちを奮い立たせた。懸命にカットで拾い、チャンスを逃さずに強打で相手の逆を突いた。18―16で勝ちきり、流れに乗って第4ゲームも勝利。チームが1―3で敗れる中で、意地を見せた。

 世界ランク最高8位の韓国のエースも、Tリーグでは開幕戦で日本生命・平野美宇にフルゲームで敗れるなど、ここまで2勝10敗と苦しんだ。出場した12試合のほとんどが神奈川・石川佳純や袁雪嬌、日本生命・平野、早田ひならエース級との対戦。負けが込んだメンタル面を心配した新井周監督から「何番で出たいか?」と打診を受けたが、「監督が決めてください」とベンチを信頼。この日も加藤と当たり「いつも自分はエースを相手にするから、今日も戦うんじゃないかと予想してました」と苦笑したが、「監督が信じてくれたので」と起用に応えた。

 連敗脱出を後押ししてくれた存在もいた。10日からの2連戦に合わせ、妹のソ・ヒョヨンさん(29)が来日していた。ヒョヨンさんは元卓球選手で、「hyoyeong pingpong」の名前で活動するユーチューバー。「(妹は)Tリーグのファンで一緒に行きたいと言っていた。日本の卓球選手が大好きで、あまり姉さんのことを応援してくれなくて」と冗談めかしたが、仲良し姉妹で食事に出かけるなどリフレッシュ。流れも変わり、「とても心強い」と感謝した。

 今月下旬からは韓国で代表合宿が予定されているため、今季の出場は今回が最後となる可能性もある。それでも「試合のたびにこれが最後だと思って、一生懸命やっている」。普段通りに全力を尽くす姿勢が、約3か月ぶりの白星につながった。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索