「忘れていました、ヘッドです」好調矢野阪神を支える、清水ヘッドコーチの就任秘話

「忘れていました、ヘッドです」好調矢野阪神を支える、清水ヘッドコーチの就任秘話

 令和に入って、好調な戦いが続く矢野阪神。シーズン序盤とはいえ、就任1年目ながら最下位に沈んだ昨季から、着実に巻き返しを見せている。

 そんな矢野燿大監督(50)の隣に常にいるのが、昨年オフに唯一外部から招へいされた清水雅治ヘッドコーチ(54)だ。2人の出会いは中日時代までさかのぼる。矢野監督は90年ドラフト2位。清水ヘッドは88年ドラフト6位。年齢もポジション違うが、とにかく気が合ったのだという。

 2人とも超がつくほどのマジメで、遠征先でもほとんど出歩くこともなく、よくコンビニに一緒に行っていた。本拠のナゴヤ球場でのナイターの日は、一緒に当時名古屋市・西区にあった室内練習場で打撃練習をしてから、試合に向かっていた。清水ヘッドいわく「指導すらしてもらえない。期待されていなかった」と苦笑いで当時を振り返る。

 そんな2人だが、清水ヘッドが95年オフに西武へトレードで移籍したことで、離ればなれになった。さらに矢野監督も、97年オフにトレードで阪神に移籍。阪神の正捕手として10年まで長く活躍した矢野監督と、02年限りで引退した清水ヘッド。「もう一度同じユニホームを着て戦いたい」という夢は、現役中は叶うことはなかった。

 その後、清水ヘッドは西武、日本ハム、ロッテ、楽天と指導者としてユニホームを着続けてきた。さらに17年からは侍JAPANの外野守備・走塁コーチも務めている。矢野監督も解説者を経て、15年オフに阪神の一軍作戦兼バッテリーコーチに就任し、18年は2軍監督としてチームを日本一に導いた。そして昨年10月、矢野監督の1軍監督就任に伴い、2人の野球人生が再び重なった。

 当時、今季も楽天でコーチを務めることがほとんど決まっていた清水ヘッド。そんなところに矢野監督から「清水さん、一緒にやりませんか?」と電話があった。「本気で言ってるの? 俺はやりたいけど…」と戸惑いながらも、やっぱり2人の夢を諦めきれなかった。楽天側の好意もあり、紆余曲折を経て、円満に阪神のコーチ就任となった。

 実は、この話にはオチがある。お互い、過程で役職の話をしていなかったのだ。全てが整った後、矢野監督が「すいません、言うのを忘れていました。ヘッド(コーチ)です」と“告白”。それに対し清水ヘッドは「無理だ。投手のことはわからないから」と固持した。それでも指揮官の「僕がやりますから」に押し切られてしまった。そして、「わかりました。ここから敬語を使わせてもらいます」と、ヘッドは腹をくくったという。

 疲労を考慮して試合前のシートノックを取りやめたり、出塁するとガッツポーズをさせたり、「清水流」の改革を徐々に推し進めている。ヘッドに就任したため「ずっと手にあったノックバットが持てないんだよ」と笑う盟友の背番号81が、これからも矢野監督を支えていく。

(阪神担当・嶋田 直人)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索