【中日】フットサル・名古屋オーシャンズとコラボ 大野奨、高橋ら7選手が「チャリティー運動会」に参加

【中日】フットサル・名古屋オーシャンズとコラボ 大野奨、高橋ら7選手が「チャリティー運動会」に参加

 中日・大野奨太捕手(32)が応援団長を務めた「子ども夢プロジェクト チャリティー運動会」が30日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで行われた。中日からは大野奨の他、谷元圭介投手(34)、堂上直倫内野手(31)、高橋周平内野手(25)、梅津晃大投手(23)、小笠原慎之介投手(22)、垣越建伸投手(19)の7選手が参加。フットサルFリーグの強豪・名古屋オーシャンズの星龍太選手(32)ら10選手とコラボした。

 午前10時半からスタート。赤と青の2チームに分かれ玉入れや綱引き、大玉転がしを行い、小学生以下の子どもたちと直接ふれ合った。午後からの借り物競走では「自分のグッズを持っている人」がお題に挙げられた小笠原が、なぜか谷元を抱きかかえ登場するなど、会場に集まった竜党を笑わせた。

 企画を立案した大野奨は「ファンの皆さんと球場以外でもふれ合うにはどうしたらいいかと考えていた。プロ野球選手というのは子どもたちに夢を与える仕事。自分が子どもだったら参加したいと思うし、今後は若い選手たちが積極的に子どもやファンの人たちとコミュニケーションをとってくれればうれしい」と意図を説明。賛同した主将の高橋も「こういう機会はなかなかないので、ファンの皆さんが楽しんでくれたらうれしい。今後も機会があれば参加したいし(初対面のオーシャンズ選手とも)一緒に盛り上げていければいい」と、共闘を誓った。

 参加費の一部などがチャリティーとして、東海地方の社会福祉施設や児童福祉施設の支援に役立てられることになっている。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポーツ報知の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る