巨人のルビー・デラロサ投手(32)が早ければ交流戦開幕となる25日の楽天戦(東京D)から1軍復帰する可能性が17日、浮上した。デラロサは米国市民権取得の申請にあたって、米国市民権・移民業務局から帰化宣誓式に召喚されたため4月15日に渡米。3日に再来日し、2週間の自主隔離期間も終えた。

 18日から2日間、1軍の練習に参加することが決定。19日には1か所打撃に登板し、状態を確認するプランも浮上。その後、21日からG球場で行われるイースタン・楽天3連戦で実戦復帰し、そこでも問題がなければ、最短で25日にも1軍に戻ってくる青写真だ。

 また先発陣では、右肘違和感で離脱中の菅野もすでにキャッチボールを再開。今週は5試合で、宮本投手チーフコーチは「変わりません」と戸郷、高橋、畠、サンチェス、今村の5人をそのまま先発させると明言。無理をさせる必要はなく、エースの復帰も交流戦に入ってからとなりそうだ。