◆大相撲 ▽九州場所12日目(24日・福岡国際センター)

 カド番の大関・正代(時津風)が崖っぷちに立たされた。小結・霧馬山(陸奥)に前みつを許して苦しい体勢に。見せ場を作れず、のど輪で起こされて寄り切られた。これで7敗目。「大関陥落」の文字が、すぐそこまで迫った。取組後のリモート取材には姿を見せなかった。

 幕内後半戦の佐渡ケ嶽審判長(元関脇・琴ノ若)は「霧馬山にいいところをとられましたね。防戦一方でしたね。昨日(5勝目を挙げた11日目)みたいな、ああいう正代の相撲が取れればなと思ったけど、霧馬山のうまさが光った一番でした」と振り返った。後がない状況には「あとは本人の気持ちだと思います」と話した。