◆大相撲夏場所4日目(15日、東京・両国国技館)

 カド番の大関・霧島(音羽山)は、西前頭筆頭・大栄翔(追手風)に押し出され、早くも3敗目となった。霧島は大栄翔を土俵際まで押し込んだ。相手の反撃もいなして、大栄翔は土俵を割りそうになった。霧島は「勝ったと思った」と動きを止めた。それでもこらえ、反撃を受け、押し出された。「本当は出て行きたかった」と負けを悔やんだ。

 場所前から首付近を痛めていた。それでもこの日は納得のいく立ち合いで「すごくいい当たり。久しぶり。首を意外と気にしなかった」と手応え。「前に出ることは次につながる」と前を向いた。