◆パ・リーグ ロッテ18―5楽天(10日・ZOZOマリン)

 楽天は今季5度目の2ケタ失点で大敗し、5位に後退した。

 6月16日以来の先発だった松井友飛投手が、初回に1死も取れないまま8安打1四球8失点(自責7)でKO。後続の投手陣も相手の勢いを止められず、21失点した5月21日のソフトバンク戦に次ぐ大量失点となった。

 試合後、今江敏晃監督は「初回にああいう形になって、そこはもうこちらの責任です」と無念の表情。松井については2軍での再調整を明言。3年目右腕の今後の課題を聞かれると「プロの投手としてのすべてですね」と、厳しく突き放した。