パーツを作って運んで巨大オブジェに 来月、札幌市民交流プラザで参加型の催し

パーツを作って運んで巨大オブジェに 来月、札幌市民交流プラザで参加型の催し

 高さ7メートルの巨大オブジェのパーツを作って搬入するイベント「Collective(コレクティブ) P―まちとプラザをつなぐ搬入プロジェクト」が10月3日、札幌市内で開かれる。参加者がそれぞれオブジェのパーツを作り、公共交通機関を使って組み立て場所まで持ち込むというユニークな内容だ。

 札幌市の文化関連複合施設「札幌市民交流プラザ」(中央区北1西1)の開館1周年記念行事の一環。市民交流プラザを運営する札幌文化芸術交流センタースカーツが施設の認知度向上を狙って企画した。オブジェは、大きさが1〜2メートルほどの楕円(だえん)や四角、半円などのブロックを積み上げた山のような形になる予定で、札幌の建築家五十嵐淳さんがデザインした。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北海道新聞の他の記事もみる

あわせて読む

北海道/東北の主要なニュース

北海道 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索