【中標津】中標津高校音楽研究部の2年生バンド「ミクロ」が、5月の第6回全道高校軽音楽大会(道高文連主催)で総合グランプリに選ばれ、全道153組の頂点に立った。粋なアレンジを施したクリープハイプの「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」を息ぴったりに力強く演奏し、高い評価を得た。過去の総合グランプリは全て札幌の高校で、釧根管内では初の快挙。メンバーは驚くと同時に、喜びをかみしめている。

 ミクロはリーダーのボーカル大町未来(みく)さん、ギターの佐伯勇一さんと合田陽音(はると)さん、ベースの近藤楓花さん、ドラムスの合田萌乃(ほの)さんで昨年9月に結成。バンド名は大町さんの名前と、5人がいずれも小柄なことにちなんだ。