日本ハム打線は相手の6本より多い9安打を放ったが、つながらなかった。

 2点を追う六回2死三塁、渡辺が田嶋の直球を中前にはじき返した。チームとして44イニングぶりの適時打で1点差に迫り、さらに一、二塁と攻め立てたが、後続が倒れた。