金沢港で訓練 石油基地の火災に備える

金沢港で訓練 石油基地の火災に備える

 市金石、駅西、中央の3消防署は22日、金沢港北地区特別防災区域にある東西オイルターミナル金沢油槽所B地区(大野町4丁目)で、石油基地火災に対応するための訓練を行い、消防隊員31人が消火技術の向上に努めた。
 地震で屋外にあるタンクが破損、炎上したとの想定で、はしご車と大型高所放水車の計3台がそれぞれ化学車と連携し、高さ約20メートルから地上に向けて泡消火薬剤を放った。延焼を防ぐため隣のタンクに水を掛ける「冷却注水」も実施した。
 石油基地での訓練は消防態勢の強化を目的に金石消防署が企画し、3署合同で毎年行われている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】


関連記事

おすすめ情報

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索