■メルギューくんとメルモモちゃんのデザインも

 小矢部市は市内の観光地3カ所で、オリジナルフォトフレームをスマホにダウンロードできるサービスを始めた。木曽義仲や市シンボルキャラクターのメルギューくんなどをデザインしている。

 倶利伽羅県定公園展望台と、稲葉山牧場のふれあい動物広場、宮島峡一の滝駐車場で、AR(拡張現実)再生アプリを起動し、ARマーカーにかざすと、フレームを取り込むことができる。

 同公園では木曽義仲と巴御前、稲葉山牧場と宮島峡ではメルギューくんとメルモモちゃんをモチーフにしたフレームを入手できる。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】