新型コロナの感染拡大で苦しんでいる人たちを支援するプロジェクト、「輪になれ広島」の実行委員会が県に寄付金を贈りました。

「#輪になれ広島」は県内のマスコミや広告業界などが去年6月に立ち上げたプロジェクトです。

経済界など93団体が賛同し、ホームページやSNSで、医療従事者や飲食店などに応援メッセージを発信してきました。

来年3月の活動休止を前に参加団体からの賛同金のうち120万円を県へ寄付することにしました。

(岡畠鉄也委員長)
「これをきっかけに広島県民のきずなをより強くするべく各社磨きをかけていけたら」

寄付金は県の新型コロナ対策に活用されるということです。