衆院選の投開票まであと10日。若者たちが投票を呼び掛けるユニークな活動を始めました。

衆院選で投票率アップを目指すその名も「投票所はあっちじゃけぇ」市民団体の有志らがプラカードを持って街頭を歩いたり通りがかった人と写真を撮ってSNSに投稿したりして投票を呼び掛ける活動です。

20日は高校生を含む10代から40代の4人が街を練り歩きました。

(投票所はあっちじゃけぇ安彦恵里香さん)
「投票に行っても何も変わらないと思っている人たちに「変わらないって思っていたら変わらないよ」と伝えたいです。あなたが持っている権利をちゃんと使いましょうと呼び掛けるということを大切にしたいです」

この活動は衆院選の投開票日まで県内5カ所で行われるということです。