2019年の参院選をめぐり買収の罪で有罪判決を言い渡された河井克行被告。21日、本人が控訴を取り下げ懲役3年の実刑判決が確定しました。

東京地裁は今年6月、河井克行被告が事件全体を主導し県議らに現金あわせて2871万円を配ったと認定。

懲役3年・追徴金130万円の実刑判決を言い渡しました。

弁護側は判決を不服として控訴していましたが、21日河井被告が控訴を取り下げ実刑判決が確定しました。

河井被告は「罪を償うとともに今後の人生で社会に再び貢献することを
お許しいただけるよう日々厳しく練磨し心を高めてまいる所存です。
今回の件の全ての責任は私ただ一人にあり私が全てをお引き受けする覚悟です」などとコメントを公表しました。