来週告示される県知事選挙を前に、選挙運動に必要な「7つ道具」の点検が行われました。


「7つ道具」は、運動員が身につける腕章や街頭演説の際に掲げる旗など7種類あり、
選挙を公正に行うために公職選挙法で着用や掲示が義務付けられています。

県選挙管理委員会は、これらの道具を告示日に候補者に渡すのを前に、
記載された文字に誤りや汚れがないかなどひとつずつ確認しました。

【県選挙管理委員会事務局 上平毅局長】
「29〜31日は衆院選と知事選どちらも投票できる期間になりますので、
ぜひその期間に知事選の期日前投票もあわせてお願いできればと思う」。

県知事選挙は、来月14日に投開票されます。