新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について湯崎知事は国の今後の対応に期待したいと話しました。

南アフリカで発見された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」についてWHO=世界保健機関は「懸念される変異株」に指定しています。
そのため政府は11月30日から外国人の入国を全面的に禁止しました。

湯崎英彦知事「(オミクロン株の)知見が明らかになってくる中で、さまざまな課題にも対応していくっていうことそれは期待をしたいと思ってます」

湯崎知事は今回の措置について長期化すると留学生や働き手も入国できないため、教育面でも経済面でも影響が出てくると懸念を示しました。