8月6日に開かれる「被爆者代表から要望を聞く会」を前に、被爆者団体が集まり打ち合わせを行いました。

この会は1976年から開かれていて、例年平和記念式典が終わったあと7つの被爆者団体が政府関係者に要望を伝えています。

打ち合わせでは政府に核兵器禁止条約への署名・批准を求めるなどといった各団体の意見や、当日の進行について確認しました。

県被団協 佐久間邦彦理事長「(核禁条約の)締約国会議に参加されなかったことについて聞きたいのと、それから「核共有」の問題。日本には非核三原則が国是としてあるが、法制化することが非常に大事だと思う」

広島市は政府に対し岸田総理らの出席を要請し、被爆者の声を直接届けたいとしています。