広島市出身で陸上男子100メートル日本記録保持者・山縣亮太選手のスパイクシューズが広島県立総合体育館で展示されています。

展示されているスパイクシューズは去年6月、山縣選手が9秒95の日本新記録を樹立したレースで実際に履いていたものです。
山縣選手から多くの県民に見てもらいたいと県に寄贈されたもので、快挙をたたえようと展示されました。

広島県スポーツ推進課 林智子主査「意外と傷がついていたりとか、1回しか履いていないにも関わらず、これだけの傷があったり汚れていたりする。実際に日本新記録を出す靴がこんな靴なんだというのを見てもらいたい」

また、東京オリンピックパラリンピックの聖火トーチのレプリカも並び、当面の間このコーナーで展示されるということです。