瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルSTU48が、ゲストのアキナともん絶フェスを開催しました。(「せとチャレ!STU48」2022年9月22日放送)

新公演「花は誰のもの?」を開催中のSTU48。今回「せとチャレ!」初登場の工藤理子&田中美帆は、公演告知を番組で実施すべく唐辛子農家で激辛チャレンジに挑戦します。

旬真っ盛りの唐辛子畑からスタートしますが、お邪魔したのは「吉岡唐辛子研究所」。この農園を手掛ける吉岡さんは、広島の中山間地域に関わりを持ちながら、地域作りの活動の輪を広げていく為の人材プラットフォーム「ひろしま里山チーム500」のメンバーとしても活躍!地元を盛り上げる活動を行っているんだとか。2022年8月末現在、514人がチームに参加して広島を盛り上げているそうです。

みほりん(田中美帆)が「何でそんなに唐辛子を育てているのか?」と聞くと、「食べて辛さに苦しむ人の顔を見るのが好き過ぎて」という。カオスな動機が明らかになったところで、まずは厳選された3種類の唐辛子がどれくらい辛いのかを体感します。

初秋の実りを迎えた広島県庄原市で、旬の新鮮唐辛子「ハバネロ」を頂きます。

タバスコとは比べ物にならないほどの辛さを、りこち&アキナが体験!壮絶すぎるリアクションにロケ中断の危機が迫るほどの「セブンポット」や、最強の唐辛子「キャロライナリーパー」も登場!このリーパーとは、ズバリ死神という意味で、呼び名の通りとっても辛いんだそう。

もん絶シーンが爆発し、りこちからは「ベロいらない」発言も飛び出しますが、本当の激辛はこれからです。

吉岡香辛料研究所では、採れた唐辛子を使って加工商品を開発・販売しています。チャレンジ本題で使われる「熱波カレー」を、りこちが気合十分でいざ実食!

ところが瞬殺、わずか6秒でギブアップしました。

真っ赤な顔で嗚咽を繰り返す山名さんを見て、秋山さんは「おっきなハバネロになってる!」と思わずツッコミが。

肝心の告知タイムはというと、激辛の公演告知時間が稼げず焦りをみせますが、「私も食べてみたいな」と笑顔で立ち上がったのはみほりん(田中美帆)です。

今回、MCで楽なポジションだと言われていましたが、実はマイ一味を持ち歩くほどの激辛好きで、自他ともに認めるSTU48の激辛クイーンなんだとか。

3人が苦しんだ「熱波カレー」を、淡々とパクパク食べ進めた結果、告知時間をたっぷりゲットしてくれました。

尺は稼げたものの、簡単に食べ切った姿をみてアキナは「俺らのリアクションが嘘に見える」と苦言を呈します。

しかし、激辛チャレンジで告知時間を稼げなかった時には、辛さで震えながらも「ごめんな…時間稼げなくて…」と、悲しそうに謝ってくれていました。

辛い物の後は甘い果実に癒やされたいと、今が旬のりんごを求めて庄原市の岩本観光りんご園へ移動します。栽培しているりんごの品種は、およそ30種類!時季により、食べられる品種は異なりますが、11月下旬頃まではたっぷり食べ比べができるのも岩本観光りんご園の魅力の一つです。

りんご畑の先には、次の挑戦「皮むきチャレンジ」が待っていますが、甘いのはりんごだけではありません。チャレンジも激甘で、3人の皮むき合計時間が告知VTRを流せるPRタイムに設定。普段から料理しているりこちが大健闘で、たっぷり告知タイムをゲットしました。

ヘタレじゃないところをしっかり見せることができたSTU48。新公演は、瀬戸内7県を中心に開催中です。「ヘタレたちよ」もステージで力強く披露されているので、ぜひお楽しみください。

次回は、矢野帆夏卒業スペシャル&2022年上半期の総決算!訳あって未公開になった映像を理由とともに大放出します。

 

■番組情報

次回『せとチャレ!STU48』は、2022年9月29日木曜 深夜0時25分放送

 

ひろしまリード編集部