魚の生態や海の大切さをイラストや歌で表現している、さかなのおにいさん、かわちゃんこと、川田一輝(かわた・かずき)さん。川田さんに水族館の生き物の生態について教えてもらう恒例企画です。

今回の舞台は、島根県浜田市にある「島根県立しまね海洋館アクアス」。

アクアスを見学する川田一輝さんと八幡美咲アナウンサー

約400種1万点の生き物を展示しているアクアスで教えてもらうのは、アクアスの顔でもある「シロイルカ」です。

アクアスのシロイルカ

シロイルカに会えるのが楽しみだった八幡アナ。洋服もシロイルカに似せてきたようです。しかし、川田さんからは「どちらかというとスナメリですね」とツッコみが。

シロイルカのモノマネをする八幡アナ

宮島水族館にいるスナメリと似ているといわれるシロイルカですが、大きく異なる点が体の「大きさ」です。

シロイルカの体長は4〜4.5mに対し、スナメリは1.5〜1.6m。身長が150cmの八幡アナは確かにスナメリのほうが近いですね・・・

スナメリとほぼ同じ大きさ!

シロイルカとスナメリは、大きさ以外にも違いがあります。シロイルカの表面はとても柔らかいのです。その秘密は生息する場所にあるそうです。

体の表面が柔らかいシロイルカ

シロイルカは北極海と周辺の冷たい海に生息しています。その寒さから身を守るため、体が10cmほどの厚い脂肪に囲まれているのだそうです。ぷにぷにした柔らかいところは脂肪だったんですね!

しかし、ごつごつした流氷に当たると体の表面に傷ができてしまいます。そうやってボロボロになっていくと、シロイルカはあることをするそうです。みなさんはわかりますか・・・?

イラスト:川田一輝さん

正解は・・・なんと「脱皮」をするそうです!1年に1回、夏に浜辺で砂をこすりつけ、傷ついた皮膚を取り換えているんですって!

流氷で傷がつく北極海ならではの行動です。

イラスト:川田一輝さん

そんなシロイルカを飼育するアクアスの代名詞と言えば「幸せを呼ぶバブルリング」ですよね。

幸せを呼ぶバブルリング

このバブルリング、実は覚えさせたものではなく、シロイルカが遊んでいるときに、偶然発見したのだそうです!

水族館は、癒される場所であるとともに、生き物たちの知られざる魅力を発見できる素敵な場所なのかもしれませんね。

飼育員さんと息ぴったりのシロイルカ

川田さんは「ただ生き物を見てもらうだけでなく、生態を知ることで、子どもたちが生き物にもっと興味を持ってくれたらうれしい」と話します。

シロイルカは海の中でも遊びながらバブルリング作ってるのかな?

水族館の魅力を語る川田さん

 

広島ホームテレビ『5up!』
地球派宣言コーナー(2022年11月30日放送)