今やどの作品でも主演を務め、人気、実力共に兼ね備えている窪田正孝と中村倫也。見ない日はないというくらいさまざまな作品に出演しており、役者としての不動のポジションを確立している2人だが、実は2人共デビューからブレイクまで数年かかっており、なかなか日の目を見られない不遇の時代を経た苦労人。そんな2人が共演し、共に輝く姿を披露したのが舞台「薄桜鬼 新選組炎舞録」(2010年)だ。

同作品は、人気恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼 〜新選組奇譚〜」を原作に、早乙女太一主演で舞台化したもの。激動の幕末を舞台に己の信念を貫く新選組の隊士と、彼らと共に生きる道を選んだ少女が織り成す物語を描く。窪田は沖田総司、中村は斎藤一を演じている。

江戸育ちの蘭方医の娘・雪村千鶴(黒川智花)は、京で仕事をしていた父・綱道(木下ほうか)と連絡が取れなくなったことで、男装して京の町を訪れる。そこで千鶴はある衝撃的な場面に遭遇し、土方歳三(早乙女)ら新選組と共に父の行方を捜すことになる。

本作はゲームが原作ということで、史実とファンタジーが融合した魅力的なストーリーはもちろん、主演の早乙女の芝居も素晴らしい。そして、窪田と中村もそれぞれが演じるキャラクターの魅力を十二分に引き出して、役の人間的な部分を印象的に表現している。

(C)2008 アイディアファクトリー/デザインファクトリー (C)2011 PONY CANYON INC.

窪田演じる沖田総司はスマートで小粋な雰囲気を纏った伊達男風キャラクターで、窪田は自身のイメージとは少し乖離があるにも関わらず、しばらく窪田が演じていることに気付かないほどにキャラクターの個性をしっかりと表現。少しの違いでナルシストに見えてしまうような難しいせりふの言い回しも、微妙なニュアンスを駆使して小粋に聞こえるような話し方で聞かせるほか、常にキャラクターの芯にある「信念」を損なわないように演じている。同作においては、この「信念」をしっかりと抱いているか否かで、"人間を演じる"という役者の本懐を遂げている。

一方、中村演じる斎藤はクールで知的ながら心の内にたぎるような熱を持ったキャラクターで、中村は透明感のある低い声と淡々とした口調でクールさを基調としながら、時代の奔流に巻き込まれる中で心の熱を見え隠れさせるという芝居を披露。この心の揺らぎを大胆かつ繊細に演じることにより、キャラクターを"役"から"人物"に昇華させている。

幕末という激動の時代が舞台であるためスピード感あふれるストーリー展開と数々の激しい殺陣によるアクションシーンが観客に強烈な印象を与える中で、2人はそれぞれのアプローチでそれらに負けず観客の印象に残る人物像を作り上げている。それは、「どんな役なのか?」にとどまらず、「どのような人物なのか」というところまで解釈を深めた上で、役を作っているからにほかならない。同作品でブレイク前夜である2人の役者の"見つかる寸前の輝き"を堪能してみてほしい。

文=原田健

放送情報

舞台「薄桜鬼 新選組炎舞録」
放送日時:2022年12月3日(土)20:00〜
チャンネル:ホームドラマチャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ