3歳の息子が「幼稚園行きたくない」と主張していたのに「西武鉄道に乗りたい」と具体的な要求に変わる漫画が面白いとTwitterで話題になった、るしこ(@39baby_com)さん。今度は、るしこさんを「かわいい」と言う息子に対して、夫が「自分をライバル視しているのでは?」と心配になるという育児漫画に4.6万いいねがつくなど話題になっています。

―息子さんが、るしこさんを「かわいい」と言い出したのはいつからでしょうか。
2歳ごろから、わたしが身に着けているものなどを「かわいいネ」と言っていました。当時はあまり分かっていなさそうでしたが、3歳過ぎてからは明確に誉め言葉として使っているように感じます。

ー息子さんは、るしこさんの寝起きが特にかわいいと思っているのでしょうか。
よく夫が寝起きや眠くなって寝る間際のわたしを「かわいいかわいい」と猫のように扱うので、その影響だと思います。(もちろん実際はすっぴんで薄目のぐったりしたおばさんです)

―旦那さんは出会った時から、「かわいい」と言ってくれるのでしょうか。
はい。と言ってもお付き合いするのはわたしが1人目ということなので、かわいいの基準がズレている可能性はあります。決してかわいいタイプではないので、どこら辺に対して言っているのか分かりませんが、よく言います。わたしも結婚当初はいちいち照れたり否定していたのですが、7年も経つと慣れてしまっていますね。

―息子さんが言う「かわいいネ」と旦那さんが言う「かわいい」のポイントは同じですか。
息子はとにかく何にでも言いますね、メガネをかけたらメガネを褒め、マニキュアを塗れば爪を褒め、服を買えば服を褒めてくれます。夫はわたしが身に着けているものに関してはそこまで気が付きません。

―息子さんが、るしこさんに「かわいいネ」と頻繁に言っている時、旦那さんは、どんな反応なのでしょうか。
「そうだろうそうだろう」と同意している時もあれば、「パパのママだぞ〜!」と茶化している時もあります。

―るしこさんは、どちらに言われた方が嬉しいなどはあるのでしょうか。
どちらも嬉しいですが、夫の言う「かわいい」は、好いているパートナーへの愛情表現で息子の言う「かわいい」は母親に対する親愛的な表現の1つだと思っているので、少し違います。

ー家族から「かわいい」と言われて、何か自分に変化はありますか。
たまに履くスカートを息子が褒めてくれるので、スカートの日が増えました。産後は、ネイルもアクセサリーもほぼ付けなかったのですが、息子が好きそうなのでちょこちょこ付けています。また、夫に”かわいい慣れ”させられた7年間で、実際美意識はだいぶ上がっています。

褒められると、嬉しくてもっと頑張ろうと思う気持ちが生まれますよね。るしこさんも夫に対しては、「イケメンだな〜」、息子に対しては毎日「かわいい」と言っているそうです。

そんなるしこさん、2022年7月に『ちっちゃなやさしさに、今日も救われてます るしこの子育て日記』という書籍を発売したそうです。漫画を読んでいると、楽しいことばかりに見える、るしこさんも、母乳拒否や睡眠不足、ワンオペ育児などキツかったことがあるそう。

大変な中でも、ちょっとした嬉しいことを発見出来る事は自分の幸せのために必要なことだと思いました。これからも、るしこさんの漫画を読んでほっこりしたいです。

ほ・とせなNEWS編集部