子どもを歯医者へ連れて行くのは憂鬱になる…という親も多いのではないでしょうか。今回、3歳の息子さんを初めての歯科健診へ連れて行き、そこで息子さんが予想外の行動をしたという漫画に「結局大惨事でワロタ」というコメントや「(野原)しんのすけみたい」「うちの3歳息子と全く同じです!」という共感のコメントが寄せられました。育児漫画を描いている、はなゆい@笑う母には福来るさん(@hanayuistudio)(以後、はなゆいさん)に話を聞きました。

はなゆいさんは息子さんを歯科健診に連れて行くのが心配でした。いつも家で息子さんの歯磨きをする時には、足をブンブン振り回し抵抗されている状況。息子さんは歯磨きが嫌いなのです。そのためはなゆいさんは、最初から肩を落として歯医者へ向かった様子が漫画には描かれています。

今から行く場所がどんなところなのかも知らず、どんどん歩いて行く息子さん。そこにいたのは、優しそうな歯科衛生士のお姉さんでした。お姉さんから笑顔で「こんにちは。ここ・・座れるかな」と声をかけられた、息子さん。ふらぁ〜と、まるで蝶が花に引き寄せられるように歯科衛生士のお姉さんの元へ行き、座ったのです。そして、言われるがまま大きな口をパカッとあけたそうです。
「嫌がるとばかり思っていたので、元気に口を開けていてとても驚きました」
と、はなゆいさんは話します。

そして、「とっても上手〜!」「カッコいいねー」など終始ほめられ、そのまま何事もなく健診が終わりました。と、ここまでは大成功の歯科健診です。
それからなんと息子さん、気分を良くしたのか「もう1回やりたい!」とまさかの要望。

「『また今度ね』と私が言い、それに対して息子は『やだ、今!』と食い下がったので、半強制的に歯医者から連れ出しました」

結局、息子さんは「いやあああああ」と泣くことになりました。歯科健診は出来たのに、「こっちで!?」そう思ってしまいますよね。

この話にはまだ続きがあり、この一連の騒動を息子さんのパパに話したところ「『どこの歯医者?俺もそこ行きたい』と結構マジな顔で言っていました」とはなゆいさんがツイートしています。最後のオチまでしっかりあって思わず笑ってしまいます。

どんな理由にせよ歯医者へ喜んで行ってくれるならありがたいことなのかもしれません。最近の歯医者は、DVDやYouTubeを観ることが出来たり、歯科衛生士さんがほめてくれたり、子どもにとっては楽しい場所に変化してきているのかもしれませんね。

ほ・とせなNEWS編集部