今月16日、札幌市白石区の共同住宅で起きた火事で、警察は自首してきた火元の部屋に住む28歳の男を放火未遂の疑いで逮捕しました。

 住所不定・建築作業員の今野秀駿容疑者28歳は、今月16日午後7時ごろ札幌市白市区菊水元町3条1丁目の4階建ての共同住宅で火を付けて燃やそうとした放火未遂の疑いがもたれています。

 この火事で4階の1室の床およそ1平方メートルが焼けましたがけが人は出ていません。

 警察によりますと今野容疑者は19日夜、白石区内の交番に出頭してきたということです。

 警察の調べに対し今野容疑者は「死ぬつもりで部屋に火をつけた」「灯油のような液体を部屋にバラまいた」などと話し容疑を認めているということです。