26日未明、JR釧路駅近くの廃業したホテルで、部屋の内部が焼ける火事があり、警察が不審火とみて調べています。

 26日午前3時半、釧路市白金町で「旧ホテルから煙が見える」と消防に通報がありました。火はおよそ2時間後に消し止められましたが、8階の一室が全焼しました。けが人はいません。現場は、JR釧路駅近くにある2002年に閉鎖されたホテルで、2003年にも不審火が起きていました。現在、電気も通っていませんが、1階の窓ガラスが割れ、人が出入りできる状態になっていたことなどから、警察は不審火とみて捜査しています。