前の市長の辞職に伴う旭川市長選挙は26日に投開票が行われ、新人の今津寛介氏が当選しました。

 旭川市長選には、無所属で自民党などが推薦する元衆議院議員秘書の今津寛介さんと、無所属で立憲民主党などが推薦する元道議会議員の笠木薫さんの2人が立候補していました。

 事実上の与野党対決となり、与党側に軍配が上がりました。