映画『トップガン マーヴェリック』のPRで来日したトム・クルーズ(撮影:小笠原 遥)

公開されてから初の週末を迎えたトム・クルーズ主演の映画『トップガン マーヴェリック』。SNSで続々と劇場での鑑賞報告が寄せられる中、日本の映画監督からも称賛されている。

 『君の名は。』などで知られるアニメーション映画監督の新海誠さんはTwitterで「映画館で映画を観たいという欲望を、久しぶりに気持ち良く満足させてもらえました」などとツイートしている。

 新海誠さん「がんばろう、あらためて」。トップガンから刺激

新海さんは5月29日にTwitterで「とても久しぶりに映画館に行き、『トップガン マーヴェリック』を観てきました。凄く良かったです!」と感想をツイート。

続けて、「映画館で映画を観たいという欲望を、久しぶりに気持ち良く満足させてもらえました」と綴った上で、「僕たちの作っているものも、仕事のスケールはずいぶん違うのだろうけれど同じ映画です。がんばろう、あらためて」とした。

36年ぶりに続編が公開された作品から刺激を受けたようで、映画制作への決意を新たにしていた。

カメ止め監督「久々に語彙を完全に失うほど」

また、『カメラを止めるな!』などで知られる映画監督の上田慎一郎さんも公開初日の27日、感想をTwitterに投稿した。

上田さんは作品を「5分毎に『最高』が押し寄せる超絶胸熱どエンタメ」と評価。その上で、「コクピットと化した映画館の座席でマッハの世界を体験する極上の時間。久々に語彙を完全に失うほど、ただただ映画を観る喜びにうち震えてた…」とつづった。

新海さんと上田さんの2人のツイートに共通していたのは、この作品を劇場で観る(観た)ことの意義について触れていた点だ。

実際、先日宣伝活動のため来日していたトム・クルーズはイベントで「テレビでは絶対に観ないでください。これは映画です。皆さんのために作った映画ですから」と日本のファンに呼びかけていた。

本作の制作にあたっては「戦闘機のコックピットにいかにして観客を送り込むか」を考えたというトム。実際に、IMAXで鑑賞したという人からはSNSで「トムと飛行機に乗っている感覚だった」などという感想も寄せられていた。