2022年の男子サッカー・ワールドカップカタール大会では、W杯史上初の試合が実現する。

それがイングランドとウェールズが対戦する「Battle of Britain(イギリスの闘い)」だ。

イギリスのチームがワールドカップで対戦するのは今大会が初めてで、注目されている。

しかしそれにしてもなぜ、イギリスから複数のチームが出場できるのだろうか?現地時間11月29日(日本時間30日午前4時)の試合を前に振り返る。

2022年のカタール大会で初めて実現するイギリスの闘い。左はウェールズのイーサン・アンパドゥ選手、右はイングランドのハリー・ケイン選手2022年のカタール大会で初めて実現するイギリスの闘い。左はウェールズのイーサン・アンパドゥ選手、右はイングランドのハリー・ケイン選手

【関連記事】サッカー日本代表・サムライブルーのユニフォームはなぜ青い?実は昔は赤だったことも(サッカーワールドカップ2022)

デメリットもある

イギリスだけ、ワールドカップに4チームも派遣できるのはずるい…と思う人もいるかもしれない。

確かに、サッカー最高峰の舞台に、より多くの選手やチームが参加する機会が増えるという利点はあるが、その一方で、より実力のある選手がそれぞれのチームに分散されるというデメリットもある。

実際、この4チームは歴史は長いものの、ワールドカップでの優勝は1966年のイングランドのみで、全4チームが参加したのは、1958年だけだ。

ちなみに、ウェールズにとって、2022年大会はこの1958年以来の出場となる。

そして、2022年のワールドカップでイングランドとウェールズは同じグループBに振り分けられ、ワールドカップ史上初の「イギリスの闘い」が繰り広げられる。

両チームの試合は現地時間11月29日(日本時間30日午前4時)。イギリス国内でもイングランドとウェールズそれぞれに熱い応援が送られるだろう。

その一方で、板挟みになりそうなのが、イギリス王室だ。

イングランドのイングランドサッカー協会(FA)の理事長でもあるウィリアム皇太子は、大会前にウェールズの議会を訪れた際「両方を応援する」と表明している。

FIFAの世界ランキングは現在イングランドが5位、ウェールズは19位。しかし今大会はサウジアラビアがアルゼンチンを破ったり、モロッコがベルギーに勝利したりと、大幅にランク下のチームが勝った対戦もある。

ワールドカップ初の「イギリスの闘い」、結果はどうなるか。