得点を決めて喜ぶ日本代表メンバー

サッカー日本代表は12月2日、ワールドカップ(W杯)1次リーグ最終第3戦でスペイン代表と対戦し2-1で勝利。グループEを1位で通過し自力での決勝トーナメント進出を決めた。

ドイツ戦に続く歴史的勝利で「ドーハ(カタール)の歓喜」が再び巻き起こった。前半スペインに先制を許したものの、後半から途中出場した堂安律選手が同点弾を決め、田中碧選手のゴールで勝ち越しの2点目を奪った。そのままリードを守り切った。

なお、グループの2位通過は日本に敗れたスペインとなった。ドイツ、コスタリカがグループステージで敗退。優勝候補の一角のドイツの敗退は波乱とも言える結果となった。

日本は次戦はノックアウトステージ1回戦(決勝トーナメント/ラウンド・オブ・16)でF組を2位で通過したクロアチアと対戦予定となっている。

試合終了直後の長友佑都選手と堂安律選手試合終了直後の長友佑都選手と堂安律選手